今さら知らないとは言えない!結婚式場に相応しいゲストの服装や小物は?


あくまでも主役は花嫁!花嫁より目立つ服装はNG!?

結婚式の披露宴に招待されたとき、どんな服装で結婚式場に行けばよいのか迷ってしまいますね。どんな服装がNGとなるのでしょうか。まず当然のことながら、白いドレスを着るのはNGです。白いドレスは花嫁だけが着てもよい色なので、ゲストが白いドレスを着ていたら、周囲の人から白い目で見られてしまいますよ。また黒を着る人が多いのですが、黒ばかりだとお葬式をイメージさせるので、違う色のボレロやパールのアクセサリーなどで華やかさを出しましょう。さらに、色が二つに分かれたバイカラーのドレスは「別れる」を予想されるのでNG、毛皮のショールは「殺生」を思い起こさせるのでNGとされています。いずれの場合も、昼に披露宴をする場合には、ドレスの丈は膝が隠れるぐらいにしなければなりません。座った時に膝が出る程度のミニ丈、腿が露わになっているミニ丈のドレスは周囲に嫌われるので注意が必要です。

靴やバッグのマナーもきちんと身につけよう!

靴はヒールが5センチ以上でつま先の開いていないもの、「殺生」を思わせる革素材でないものがよいとされています。オープントゥの靴がNGの理由は「妻が先に出る」からです。またミュールはつま先も踵も開いており、サンダルと見なされますし、ブーツもカジュアルすぎるのでNGといえます。バッグはドレスの色と合わせた小ぶりのクラッチバッグかショルダーバッグがよいでしょう。ラメなどで華やかな雰囲気に仕上げているものが適切です。バッグも革製はNGです。百貨店などのフォーマルコーナーでは、色や素材を揃えたサテンでできた靴とバッグがセットで売られていますので、それらを利用するとよいでしょう。また、ストッキングは肌色かベージュにします。黒いストッキングはNGです。

福岡の結婚式場は、博多や天神、中洲などのさまざまなエリアに豊富にあります。結婚式場の選び方に迷っているなら、最新の人気の式場のタイプを参考にしておくといいでしょう。