初めての一人暮らしをスタートさせる時に覚えておきたいポイント


自炊をしても食費が高くなることはある

新しい人生を始める時に初めての一人暮らしを経験する場合があります。その際に覚えておきたいのは、自炊をしたからといって食費が安く済むわけではないことです。食材で出費が大きくなってしまうとコンビニやスーパーマーケット、専門店でお弁当を購入するよりも高くなることはあり得ます。そのため、一人暮らしを始める時に食費を節約したい場合は、食材の量や質、購入日を意識することが大切です。自分が食べる分だけを用意すれば良いため、食材は最小限の量で済ませるべきです。また、リーズナブルなブランドの肉や野菜にするだけでも出費を抑えられます。さらに、スーパーマーケットが安売りの日に買い物を行うだけでも食費の節約に効果的です。

戸締りを忘れないように注意しましょう

実家から初めての一人暮らしをスタートさせる場合、忘れがちなのは戸締りです。以前までは親や兄弟など、一緒に暮らす家族が玄関や窓の戸締りを行っていたのであれば、一人暮らしになってもその感覚がなかなか抜けず、つい忘れてしまうことがあります。玄関や窓を開けたままの状態で外出したり、就寝したりしてしまうと、不審者に侵入される可能性が高くなります。このようなリスクを下げるには、戸締りを忘れないように徹底する必要があります。最初は忘れることはあったとしても、何回も行っていくうちに習慣化できますが、玄関に比べて窓は意識が低くなりやすいです。特に、夏は暑さ対策で窓を開けていることがあるので、就寝時は戸締りをしてエアコンに切り替えた方が安全です。

家具の家電のレンタルは学生や新社会人など、初期費用の十分な準備が難しい若者に人気のあるサービスです。利用者は、家具や家電を自身で購入せずとも、レンタルして使用することが可能です。