単身赴任をするときのポイントは?行く前にチェックしておこう!!


自宅に帰る頻度を決めておく

仕事関係でどうしてもそれまでの住宅に住み続けての通勤が難しい時、引越しをしなければいけないでしょう。ただ家族がいるときには家族で引越しをするのか、自分だけ単身赴任をするのかを考える必要があります。配偶者の仕事であったり子供の通う学校を考慮すると、自分だけで単身赴任をした方が良いケースもあるでしょう。一人暮らしの経験が少ない人が単身赴任をするとどうしても生活が乱れがちになり、健康上の問題も起きやすくなるかもしれません。それを防ぐには自宅に帰る頻度を決めておくのが良いでしょう。毎週週末に帰るとか1週おきの週末に帰るなどしておくと、帰る毎に生活をリセットでき乱れた生活が継続するのを防げるようになります。

電話一本を惜しまない

今は携帯電話があるので、個人同士で自由に電話でのやり取りができます。家族であれば一緒に暮らしているときでも買い物を頼まれたり、簡単な用事などで電話をし合ったりはするでしょう。それが単身赴任をするようになるとあまり電話しなくなる人がいて、どんどん家族との距離を広げてしまうケースがあるようです。家族との距離が広がると互いの信頼関係は薄れますし、単身であるがゆえの寂しさから良くない選択をしてしまうときもあるようです。そこでしておきたいのが一日一本の電話のやり取りです。特に用事が無くても毎日決まった時間に電話をして様子を確認し合います。これだけで信頼関係を維持できますし、家族との距離が広がらず寂しさも感じにくくなるでしょう。

単身赴任の家具は、嵩張らないコンパクトなものや、処分が簡単な組み立て式のものが好まれる傾向があります。